保育士の仕事がつらい。転職はあり?現役保育士さんが本音でレビュー

子供が好き!という人に人気のお仕事、保育士。

ですが、実際の現場はなかなか大変らしく、仕事がつらいと
いう人も多いと聞きます。

今回は、実際に保育士として働いている女性お二人に、
保育士としての生の声を聞いてみました。

保育士ってどんなお仕事?

保育士のお仕事レビュー

ぼく

なぜ保育士になろうと思ったのですか?

Hさん

とにかく子供が好きだったんです。

小さな子どもに囲まれて仕事ができるなんて、最高だな
と思って。

Yさん

私も同じですね。

昔から子供が好きだったので、働くなら保育士がいいなと
思っていました。

ぼく

やはり保育士の人で、子供が嫌いって人はいませんよね。

では保育士の具体的な仕事内容を教えて下さい。

Hさん

まずは子供の保育ですね。朝から夕方までは、子供たちの
面倒を見ています。

食事やおむつの交換、お昼寝、お着替えなど、やることは
たくさんあります。

Yさん

他にも、造形あそびや音楽を聞いての表現あそびとか外での遊びなどもありますね。

ぼく

なかなか大変そうですね。

その中で、これはつらいというものはありますか?

Hさん

私の場合、子供と触れ合っている時間はそれほどつらい事はないですね。

Yさん

そうですね。私もそうです。

保育士の「ここが楽しい!」

保育士のお仕事レビュー

ぼく

では、とくにこれは楽しい!ってことはありますか?

Hさん

いろいろな事を通じて、子供が成長する姿を目の前で見られることですね。

保育士って、親よりも早く、子供の成長する姿を見られる
んです。はじめて立てたりとか、言葉を話したりとか。

そんな瞬間に立ち会えるのが何よりうれしいです。

Yさん

それに、子供たちが無邪気に「ちぇんちぇい~(先生)」
とか言いながらひっついてくるのが、本当に愛くるしくて
保育士やっててよかったなって思います。

Hさん

お遊びとか言葉とか、自分が教えてあげたことが
できるようになると、本当にうれしいですね。

毎日、目に見えて成長していくから、やりがいを
感じます。

保育士の「ここがつらい!」

書き物

ぼく

いいですね。それだけ聞くと、保育士の仕事って楽しそう
に感じますが、マイナスな面ってないんですか?

Hさん

いっぱいあります。

Yさん

うん。いっぱい(笑)

ぼく

どんなことですか?

Hさん

とにかく書き物が多いんです。

年案、月案、週案、日案、連絡ノートなど、保育の仕事の
合間に書かないといけないんですが、実際はとてもそんな
時間はないので、結局いつも持ち帰りです。

ぼく

年案(ねんあん)とか日案(にちあん)てなんですか?

Hさん

年案は、年間保育指導案と言って、子供の保育に関する
年間の指導計画を立てるんです。日案とか、
週案とか月案も同じで期間ごとに子供の保育の計画を
細かく考えて書かないといけないんです。

Yさん

連絡ノートなんかはその日のうちに書かないといけない
けど、全然読んでくれない親とかもいますよね。

Hさん

そうそう!

おむつがなくなってるからわざわざノートにまで
書いても、見てもいない親ってけっこういるんですよ。

だったら書くだけ無駄だな~って思っちゃいますね。

ぼく

大変ですね~。

じゃあ書ききれなかったものは、家でやるってこと
ですか?残業代とか出ませんよね。

Hさん

もちろん出ません。

家でやるといっても、毎日帰るのが遅くなるので
とても平日に終わらせられないんです。

だからけっきょく、土日にまとめてやる事になるんです。

こども1人1人について書かないといけないので、
量もすごいので、大変なんです。

ぼく

それはつらいですね。

サービス残業も多い

Yさん

サービス残業も多いですよ。

子供たちが帰ってからも掃除とかおもちゃの消毒とか、
引き継ぎを書いたりとか細かい雑務がたくさんあります
が、ほとんど残業代はつきません。

Hさん

会議も多いです。

子供たちが帰った夕方から、1時間とか。

もちろん残業代つかないです。

ぼく

それはきついですね。

他にもつらいことってありますか?

Hさん

行事があると、さらに忙しくなります。

運動会とか発表会とかがあると、その準備が大変です。

計画を立てたり衣装を作ったり、とにかく
やることが増えます。

Yさん

どの先生もできるだけ担当を増やしたくないので、
みんなで責任の押し付け合いみたいになるんです。

そんなことばっかり繰りかえしてるから、人間関係も
ギクシャクしてきますし。

ぼく

人間関係は大事ですよね。

それさえよければ、つらい仕事でも楽しむことも
できますから。

女性社会ならではの人間関係

人間関係

Hさん

保育士の人間関係は、悪いところが多いですよ。

Yさん

そうそう。女ばっかりだから、陰湿ないじめとか、
いがみ合いが絶えないんです。

特に年功序列がひどくて、先輩のいうことは絶対って
ところが多いです。

若い先生が雑務をおしつけられて、断ることもできない
とか。

Hさん

園長先生が理不尽だと、さらに最悪ですね。

一日中ストレスを感じながらの仕事になります。

ぼく

そうなんですか。

僕も自分の子供を保育園に通わせていましたが、全然
そんな空気感じませんでした。

Hさん

女ですから(笑)

親御さんにそんなところは見せませんよ。

もちろん、本当に仲のよいところもあると思いますけど。

Yさん

職場次第ですよね。

私は最初の職場の人間関係がひどくて、1年でやめたんです。

何から何まで押しつけられた上に、チクチク嫌味言われて
なんなのこいつ?みたいな。

40代のおばちゃんでしたけど、本当にストレスでした。

ぼく

そこはやめて違うところに変えたんですか?

Yさん

はい。

せっかく資格も取ったし、子供がかわいいっていうのは
変わらないので、違うところならもっと働きやすい
んじゃないかと思って。

働きやすさは職場次第

ぼく

今の職場はどうですか?

Yさん

今の職場はすごくいいんです。

残業とかつかないのはあまりかわりませんが、
それでも前のところに比べれば給料も上がりましたし、
何より先輩が本当に良い人で、尊敬できる人なんです。

仕事もできるし、誰にでも優しくて子供たちにも
大人気です。

私もこんな人になりたい!って、毎日参考にさせて
もらっています。

Hさん

上の立場の人がいい人だと、全体の人間関係が円滑に
なりやすいですよね。

逆に、先輩が陰湿だとみんなが陰湿になることが
多いです。やっぱりそういうのって、伝染するのかなあ。

Yさん

伝染すると思います。

仕事も大変でサービス残業も多くて、そんな中で上の人間
まで最悪だったら、みんな心がすさんできて当たり前ですよね。
いちいち人に気を使ってたら、自分ばっかりしんどく
なりますから。

ぼく

でも、今は楽しくやれていますか?

Yさん

はい。結局は職場次第ってことですね。

人間関係さえよければ、全然不満はないですよ。

やっぱり子供が好きなので、この仕事は大好きなんです。

ぼく

素晴らしいですね。そういう人がいるから成り立っている業界なんですね。

~ご存知ですか?保育園と幼稚園の違い~

保育園は「保護者が働いているなどの理由で保育が難しい児童が通園できる施設」と定義されています。

これに対して幼稚園は「文部科学省幼児教育課が管轄する所管学校」となっています。

簡単に言うと幼稚園は「学校」であり、幼稚園の先生は教員免許が必要となるため、保育園の先生が幼稚園の先生になることはできません。逆に幼稚園の先生が保育園の先生になることもできないのです。

ちなみに保育園は0歳から小学校入学前までの乳幼児を預けられるのに対し、幼稚園は満3歳から小学校入学前までとなっています。

お給料はどれくらい?

保育士のお給料

ぼく

ところで、お給料は高いですか?

Hさん

安いです。

仕事に見合うだけのお給料ではないですね。

Yさん

私もです。

ぼく

どれくらいか聞いてもいいですか?

Hさん

私は年収260万円くらいですね。

Yさん

私は年収340万円くらいです。

ぼく

おふたりとも、そこまで悪いとは思いませんが?

Hさん

仕事量に見合ってないんですよね。

残業がすごく多いので、もし残業代がつけばもっと
お給料もあがるはずなので、どうしても少なく
感じてしまいますね。

ぼく

なるほど、それはありますね。

それが原因でやめたいと思ったことはありませんか?

Yさん

もちろん、それでやめる人もいます。

でも子供好きな私にとって、保育士は本当に
やりがいのある仕事なんですよね。

この仕事を辞めても他にやりたい仕事ってあんまり
思いつかないし、子供たちの顔がみれなくなる
事を思うと、結局この仕事が好きなんだなあって。

Hさん

私は仕事がしんどいながらも、職場に仲の良い同僚も
いるし、実家暮らしなので 多少は貯金もできてる
のでそれなりにやれているから現時点では満足して
います。

ここである程度キャリアを積んでいれば、将来的に
もっとお給料のいいところへの転職も考えています。

Yさん

この世界って、ほんと年功序列なので、キャリアを
積んでいれば将来有利ですもんね。

ぼく

素晴らしいですね。

そういう保育士さんたちのおかげで、親も安心して
働くことができるんですね。

Hさん

でも、あんまり感謝してくれない親も多いですよ(笑)

お金払って預けてるんだから、ちゃんとしてくれて
当たり前というか。

保育士の大変さをまったく分かってくれない親も
います。

モンスターペアレンツが多いって本当?

ぼく

いわゆるモンスターペアレンツってやつですか?

Hさん

そうですね。TVとかで見るほどひどい人はそんなに
いませんが、そういうクレーマー気質な人もたまにいます。

あと、閉園時間を大幅に過ぎてもお迎えにこない人とか、
園内で怪我をすると、すごい責任を追求してきたりとか。

Yさん

地域性ってありますよね。

クレーマーな親が多いところは本当に多いし、いい
親御さんばっかりのところもあります。

私の最初の職場はクレーマー親がすごく多かった
んですが、今の職場の親御さんはみんないい人ばかりで、
一緒になって子供の成長を喜び合える人ばかりです。

ぼく

そういう職場なら、仕事も頑張れますよね。

男女の割合はどれくらい?

保育士の男女比率

ぼく

ところで、保育士は女性ばかりということですが、
男女の割合はどれくらいですか?

Hさん

だいたい男性保育士は1割から2割くらい
じゃないでしょうか。

ぼく

やっぱり少ないですね。

僕も子供が好きなんで、保育士の仕事って憧れる部分もあるんですよ。

Hさん

男性保育士ってすっごく重宝されるんですよ。

女性に比べて圧倒的に数が少ないので、何かと有利だと思います。

力仕事とか高いところの作業とか、保育園内でも日常的に
ありますし、男女どちらの先生もいるほうが、子供にもいい
影響があるみたいですから。

Yさん

女の子でも、男の先生のほうがよくなつく子もいますよね。

Hさん

ああ、いますいます(笑)

Yさん

しかも女ばかりの職場なので、先生たちの間でも人気者に
なりますね。

Hさん

そうそう、女ばかりの空間って本当に陰湿なんですけど、
男の先生がいるだけでそういうのが激減するんです。

若い男性だとなおさらですね。やっぱり女って、異性には
よく見られたいものですから。

ぼく

そうなんですか!僕も保育士になればよかったなあ(笑)

若くはないけど・・・

Hさん


Yさん

保育士になってよかったと思う?

ぼく

では最後に、保育士になってよかったと思いますか?

Hさん

よかったと思います。

子供たちの笑顔を毎日見れるのが本当に幸せなので。

仕事自体はつらいことも多いんですけど、どんな仕事も
楽ではないでしょうし、やりがいはすごくある仕事だと
思っています。

Yさん

私も良かったと思います。

仕事がつらいかどうかは職場次第なので、働いてみて
「ここは合わない」と思ったら、迷わず転職すれば
いいと思います。

保育士はどこも人手不足なので必ずニーズはありますから、
自分の働きやすい職場が見つかるまで探し続けるのも
大事だと思います。

言い方は悪いですが、嫌な職場で神経をすり減らすくらい
ならさっさと逃げ出せばいいと思うんです。

そのせいでせっかく取った資格が無駄になったり、
好きな子供たちと触れ合えなくなるよりは、自分の事を
まず大事にして、よりよい環境を探すのが賢い
やり方だと思います。

Hさん

この仕事って、やりがいがあるからこその仕事だと
思います。自分が頑張ることで子供たちが笑顔になって
くれますし、社会貢献にもなっていると思うので、
一人でも多くの人が保育士に興味を持ってくれると
うれしいですね。

ぼく

お二人とも、本日は色々と教えて頂きどうもありがとうございました。

まとめ

今回は保育士のお二人に、ナマの声を聞かせてもらいました。

実際の現場はなかなか大変そうで、子供が好きじゃないと
続けられない仕事ですね。

やっぱりここでも人間関係が働きやすさに大きく関わって
いる事がわかりました。とくに女性ばかりの職場って、
いろいろ大変なようです。

とは言え、いい職場にあたれば気持ちよく働けるみたい
なので、いい職場を探すのも大事なことですよね。

保育士を目指す方、現在保育士の方も参考にしてみて下さい。

保育士の仕事の総合評価

肉体的なハードさ ★★☆☆☆
精神的なハードさ ★★★★
資格・経験の必要性 ★★★★
年収 200万円~500万円
この仕事に向いている人 ・子供が好きな人

・やりがいのある仕事がしたい人

・人とのコミュニケーションが取れる人

・健康な人

・文章を書くのが好きな人

よりよい環境を探す保育士さんが集まるサイト

保育のお仕事

ほいく畑

保育士に対するみんなの評価
口コミ(レビュー)投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

口コミ(レビュー)を投稿する

平均:
レビュー数 2
by 楽しい職場 on 保育士の仕事について

ネット上では保育士がきついって言う人が多いけど、自分は全くつらくない。人間関係に恵まれているせいかな。子供はかわいいし、仕事も楽しい。持ち帰っての仕事はあるにはあるにはあるけど仕事の一環だしとくに気にならないよ。もう少し給料が上がればもっといいね。

by 保育士3年目 on 保育士の仕事について

保育士はとにかく給料が安い。私の場合、年収250万円もない。そのくせ持ち帰りの仕事が多く、もちろん残業なんて申請できない。子供がかわいいと言っても、毎日ヘトヘトになるまで働いているとそんな気持ちも薄れてしまう。

もっと待遇を改善して欲しい。

アルバイト求人サイトランキング

ユーザー総合満足度NO.1

動画でのお仕事紹介

制服写真の掲載

使いやすい検索機能

 

CMでもおなじみのバイトル。求人サイトユーザー調査において、ユーザー総合満足度No.1に選ばれた、知名度も抜群の求人サイトです。

 

制服写真の掲載動画でのお仕事紹介など、職場の雰囲気やスタッフの様子まで伝わる求人掲載で、仕事の見つけやすさは折り紙つき。

全国約90,000件のお仕事を随時掲載し、希望の職種ごとにピンポイントでお仕事が探せるよう になっています。お仕事体験職場見学など、働く人に便利なサービスもあり、バイト初心者でも安心してお仕事を探せます。

条件による細かい検索もできるので、使いやすさもNO.1です。


 


・本当にお祝い金がもらえる

Wお祝いキャンペーンも

求人数最大規模

 お祝い金がもらえるアルバイト求人サイトが、アルバイトEXです。

 

対象者全員が本当にお祝い金3万円をもらうことができ、Wお祝いキャンペーンなどもあるため、同じバイトに応募するなら、お祝い金ももらえたほうが断然お得です。

 

大手求人サイトメディア(anマイナビジョブセンスなど)21社と提携していて、 70万件以上と求人数も最大規模を誇ります。

気になった案件にまとめて一括検索や応募ができるのも魅力です。


 



業界No.1の高時給

リゾートバイト特化型求人

寮費・食費・水光熱費無料

簡単WEB応募

 

 

リゾートバイト.comは、業界No.1の高時給が最大の魅力です。

リゾートホテル、旅館、ペンション、スキー場など、さまざまなリゾート地での住み込みバイトの派遣がめじろ押し。

 

寮費・食費、水高熱費が無料で、スキー場ではリフト券がタダ、 温泉地では温泉入浴無料など、働く場所によってさまざまな特典をつけてもらえるのがうれしいです。

 

20~30代の人や学生におすすめの案件が多数あり、有名な大手企業でお仕事をするチャンスです。長期休みを利用して働きたい人、日常から離れて新鮮な世界で仕事をしてみたい人、出会いを求めている人は、リゾバがおすすめです。


トップへ戻る