ファルマスタッフ-薬剤師の転職派遣支援サービス

お祝い金がもらえるおすすめの薬剤師転職エージェント【簡単無料登録】

高齢化社会にともない、医療従事者に対するニーズは近年ますます
高くなっています。

病院やドラッグストア、企業でも薬剤師さんの不足に悩むところも
多く、獲得に力を入れています。

そんな中、内定が決まるとお祝い金をくれるエージェントや、新規
会員登録をするだけで1万円がもらえるおすすめのエージェントも
出てきています。

せっかく職場探しをするなら、お祝い金がもらえるほうがうれしい
ですよね。

そんなおすすめの薬剤師転職エージェントをご紹介します。

▶派遣で働きたい薬剤師さんはこちら

お祝い金がもらえる!おすすめの薬剤師転職エージェントランキング【2020年度最新版】

お仕事ラボ

サービス名 登録方法・おすすめ度
第1位 お仕事ラボ

登録所要時間:30秒
  新規登録するだけで1万円支給 綜合おすすめ度:★★★★★
求人数 サポート力 口コミ
「お仕事ラボ」は薬剤師の派遣、人材紹介の会社です。薬剤師さんの希望に沿った求人のみを探し、条件に合った職場に対して、お仕事ラボ担当者からあなたを紹介してくれます。なんといってもおすすめのポイントは、転職サポートに新規会員登録するだけで1万円、さらに面接に進めば交通費3万円を支給してもらえるところ。そしてお仕事が決定すれば最大10万円のお祝い金までもらえるので、転職を考えているならぜひ登録をしておきたいサービスです。面接前の事前打ち合わせ、面接への同行、面接後のアフターサポートなど万全の体制が整えられており、ご利用満足度90%、紹介後の定着率も95.6%と非常に高くなっています。面談時には担当者さんがこちらまで出向いてくれるなど、親身な対応がありがたいですね。日本全国の求人の取り扱いがあるので、地方にお住まいの人でも仕事を見つけることが可能です。また、派遣の求人も多く取り扱っているので、フル出勤が難しい主婦や、自分のペースで働きたい人には派遣もおすすめです。
主な求人のジャンル
・調剤薬局 ・ドラッグストア(OTCのみ) ・ドラッグストア(調剤併設) ・病院、クリニック ・企業、その他
支店住所
●東京本社 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-2-2丸の内三井ビルディング2F

ジョブデポ薬剤師

サービス名 登録方法・おすすめ度
第2位 ジョブデポ薬剤師

登録所要時間:60秒
  最大40万円のお祝い金 綜合おすすめ度:★★★★★
求人数 サポート力 口コミ
「ジョブデポ」は、入社決定で40万円のお祝い金がもらえる薬剤師専門の転職サポートです。非公開の求人も多数あり、高待遇の求人が見つかります。求職者の希望を細かくヒアリングして、もっともマッチした職場のみを紹介してくれます。WEB上からカンタン1分の無料相談に登録すれば、折返しの電話で本人確認は完了です。あとは希望に沿った職場をご紹介、面接というスピーディな流れで自分に合った職場に出会うことができます。求人検索も使いやすく、わかりやすいのが人気です。求人件数は8万件を超え、希望の職場を見つけやすいので、転職希望の薬剤師さんはぜひ登録しておきたいですね。
主な求人のジャンル
・クリニック ・病院 ・調剤薬局 ・ドラッグストア(調剤併設) ・ドラッグストア(OTCのみ) ・その他
北海道内の求人数(非公開求人除く)
約56件
支店住所
●東京本社 〒101-0031 東京都千代田区東神田2-9-8 高橋ビル4F

派遣で薬剤師の求人をお探しなら

こちらはお祝い金はありませんが、派遣で都合よくお仕事をしたい方におすすめの
転職エージェントです。

近年、正社員として時間を拘束されるよりも、派遣として決まった時間だけ
働きたい人も増えています。そのため、派遣で薬剤師さんを募集する企業や
病院も増えています。

薬剤師求人~派遣専門~

サービス名 登録方法・おすすめ度
薬剤師求人~派遣専門~

登録所要時間:30秒
 派遣での薬剤師求人をお探しならここ 綜合おすすめ度:★★★★★
求人数 サポート力 口コミ
派遣で働きたい薬剤師さん専用の勤務支援サービスです。株式会社メディウェルが運営するサービスで、たくさんの派遣薬剤師さんが活躍しています。派遣で自分の生活に合わせて都合よく働きたい人におすすめです。「高時給」「好立地」「土日休み」など、派遣ならではの待遇で仕事を見つけることができ、職場が決まってからも親身なサポートでフォローしてくれます。希望に沿わない求人を押し付けるようなことは一切なく、理想の職場が見つかるまで、一緒になって求人探しをアシストしてくれるのがうれしいですね。派遣での薬剤師求人をお探しなら外せないサービスです。
主な求人のジャンル
・調剤薬局 ・ドラッグストア ・病院 ・企業 ・その他
北海道内の求人数(非公開求人除く)
非公開求人多数

薬剤師の働く職場の種類

薬剤師の求人を出しているのは主に以下の4つに分類されます。

病院

病院勤務の薬剤師は、医師や看護師との連携の中で働く職場環境であるため、よりコミュニケーションが重要な職場です。

病院薬剤師で働くメリット

病院薬剤師のメリットは、患者さんと向き合って、より踏み込んだ服薬指導を行うことができるため、やりがいを感じることができるところです。薬を渡して終わりではなく、患者さんの様子や処方した薬の効果を具体的に図ることができるなど、充実した医療を行うことができます。

自分が医療スタッフであることに誇りを感じながら働けるのが、病院薬剤師の魅力です。

病院薬剤師で働くデメリット

医師からの指示にしたがって薬を調剤するため、時にはミスを見つけたり、修正を要請する必要があるなど、神経を使う場面も多いでしょう。

同時に自分のミスを指摘されたり、自分の判断と意見が食い違ったりするケースもあり、臨機応変さが求められます。

また、病院での薬剤師は夜勤や日直があり、4週8休などの勤務形態など、勤務日数が多い傾向にあります。また、転職からの求人募集が少なめで、募集倍率が高い傾向にあります。

病院薬剤師の年収相場

病院薬剤師の年収相場は、病院にもよりますがおよそ400万~600万円くらいとされています。

そのうち、いわゆる急性期型病院では、勤務時間が長く、残業も多い傾向にあり、その割には年収は低めであることが多い傾向にあります。

逆に、療養型病院では、残業が少なく、年収が高めの傾向にあります。

調剤薬局

調剤薬局の薬剤師の仕事のメインは「調剤」です。

こちらも病院薬剤師と同様、医師の発行した処方箋を確認して、薬を調剤します。同時に処方ミスがないかどうかのチェックも、薬剤師の仕事です。

病院前にある門前薬局では、該当の病院との連携が不可欠です。そのため、コミュニケーション能力も必要となります。

また、患者さんへの服薬指導や、患者さんの薬歴を管理する「薬歴管理」も仕事の一環です。

調剤薬局で働くメリット

調剤薬局は、営業時間がしっかりと決まっているところが多く、土日祝は休みというところもあります。そのため、主婦やプライベートとしっかりと守りたい薬剤師さんに人気があります。

パートや時短勤務で働きたい人でも働きやすいが特徴です。

調剤薬局で働くデメリット

病院勤務と比べると、患者さんとの距離ができやすく、薬の効果や患者さんの様子を目の当たりにしにくい傾向にあります。

調剤薬局の薬剤師の年収相場

調剤薬局の年収の相場は、地域によって大きな差があります。

新卒採用で400万円前後、以降は500万円~600万円あたりが相場となっています。

企業

企業薬剤師とは、製薬会社や化粧品メーカー、あるいは治験受託開発機関などの開発部門内で働く薬剤師のことを指します。

主に新薬の開発や研究をしたり、学術職としての薬剤師業務もあります。

製薬会社には管理薬剤師を置くことが義務付けられており、監督官庁との対応、許可申請届けや医療品の品質管理、ドラッグインフォメーション(問い合わせ対応)などの業務も必要となります。

企業薬剤師として働くメリット

企業薬剤師は、調合や患者さんとの対応と言った薬剤師業務よりも、申請業務や問い合わせ対応と言った業務の割合が多い傾向にあり、いわゆる事務系の仕事が多くなります。

そのため、幅広い仕事をしたい人にとって働きやすい環境と言えます。

企業薬剤師として働くデメリット

一言で企業薬剤師と言っても、治験コーディネーター臨床開発モニター管理薬剤師メディカル営業など、ジャンルが多岐に渡るため、仕事内容がそれぞれに違ってきます。

そのため会社によっては、薬剤師としての仕事よりも事務処理的な仕事が多くなることもあり、やりたいことと違ったということもあります。

企業薬剤師の年収相場

企業薬剤師は非常に業種の幅が広く、年収も400万円~700万円と、会社によって違いがあります。

ドラッグストア

ドラッグストアの薬剤師は、いわゆる薬の調剤業務よりも「一般用医薬品」を扱うことが多くなります。一般用医薬品は、医師の処方箋なしで販売されている医薬品のことです。

風邪薬や胃薬、頭痛薬などがそれにあたります。

そのため、ドラッグストアの薬剤師はこの一般用医薬品の説明や、お客様の症状からおすすめの薬を選ぶと言った業務がメインになり、一般用医薬品に対する深い知識が求められます。

また、ドラッグストアの中にも調剤併設型があり、調剤業務も並行して行うところもあります。

ドラッグストアの薬剤師として働くメリット

ドラッグストアで働くメリットとしては、意外と給与が高いことがあげられます。

また、いわゆる一般のパートやアルバイトよりも立場が高いことが多く、エリアマネージャなどへの昇給もしやすいのが特徴です。ドラッグストアにとって、有資格者である薬剤師は唯一無二の存在として、いてもらわなければならない存在でもあるため、非常に優遇、重宝されるところも多いでしょう。

ドラッグストアの薬剤師として働くデメリット

ドラッグストアの薬剤師は、販売店員としての業務も兼任することが多く、薬剤師として働きたい人にとっては得るものが少なく、やりがいを感じれられないこともあります。

品出しや清掃ばかりと言った雑務に負われる場合もあります。

ドラッグストア薬剤師の年収相場

企業によっても大きな差がありますが、450万円から650万円あたりが相場となっています。

まとめ

お祝い金が出るおすすめの薬剤師転職エージェントのご紹介でした。

薬剤師さんのニーズは今後もどんどん高まってきます。

それにともなって待遇面もよくなり、働きやすく給与面も考慮してくれる
職場も増えてきています。

せっかく転職を考えるなら、よりご自身にプラスになる転職活動をすすめて
下さい。

素敵な職場が見つかることを応援しています。

トップへ戻る