フリーランスのSEになるには?メリットや年収、働き方をレビュー

近年、フリーランスという働き方が一般化してきましたが、特に
フリーランスになりやすい仕事の一つがシステムエンジニア(SE)です。

SEをしている人の中には、フリーランスへの転向を考える人が多く、
もっと収入を増やしたい、もっと働きやすい環境で仕事をしたいと
いう人が増えてきています。

今回は、フリーランスのSEになる方法やメリット、年収などについて
説明していきたいと思います。

なぜフリーランスのSEが増えているのか

一口にSEと言っても、いろいろなジャンルがありますが、プログラミングや
開発に関わるものが一般的です。

そのため、一般のサラリーマンよりも高度な知識を持っている人が多く、
一人でも仕事ができるという自信のある人が多いです。

SEの多くは会社勤め経験から

現在はフリーランスとして働いているSEも、最初は会社勤めをして
経験を積み、ある程度のキャリアやスキルを身につけてから転向した
人がほとんどです。

会社勤めをすると、働きのわりには給料が少ない、自分のやりたい仕事が
できないなど、働きにくさを感じることがあります。

それならフリーとして、自分のやりたいスタイルで仕事をしたい、収入を
上げたいと考えてフリーランスの道を選ぶというパターンが多いです。

フリーのSEは企業への出向形式が多い

とは言え、現在のフリーランスのSEは、大半が企業へ出向して業務を
する形が一般的です。

SEの案件は開発系のものが多く、企業秘密にふれることが多いため
在宅や持ち帰りでできる案件は少なくなっています。

それならフリーの意味がないのでは?

在宅でできなければフリーの意味がないかと言えば、まったくそうでは
ありません。

企業内で作業をする点においては会社勤めに近いかもしれませんが、
フリーランスの場合は、あくまで企業と対等の立場で業務委託契約を
結びます。会社に雇用される関係ではないため、自分の意見ややり方
を提案することもできます。

そのため仕事の運び方や出勤時間などは自身の裁量に任される部分が
大きく、業務をクライアントの意向通り完了させることができれば
問題ないのです。

フリーランスのSEのメリット

仕事が選べる

SEの多くが悩むのが仕事の質の問題です。

会社勤めだとどうしても自分の望まない仕事が多くなりますし、
せっかくの自分のスキルを活かせないなど、ストレスが溜まって
しまいます。

フリーランスは自分で仕事を選べるのが、大きな魅力です。

極端に言えば、SEのの仕事をしながらライターやデザイナーの
仕事をしても問題ないわけです。

収入が増える

会社勤めの場合、どれだけ頑張っても給料を決めるのは会社です。

その点、フリーランスの場合は収入も自分次第で上げることができます。
ひとつの案件だけだと収入が少ないのであれば、複数の案件に携わる
のも自由ですし、報酬の高い案件を選ぶこともできます。

複数のクライアントと契約しても問題はない

フリーランスのよいところは、ひとつの会社にしばられないことです。

複数の連載を抱える漫画家のように、いくつものクライアントと契約を
結んでも問題ありません。

逆に、今月は働きたくないという場合は、まったく働かなくてもよい
のです。

すべては自分の裁量次第ということです。

支出の多くを経費扱いにできる

フリーランスは個人事業主です。そのため、購入したパソコンや机、
ノートに至るまで、経費として計上することができます。

また、スキルアップのためのマニュアル本の購入や、資格取得のための
実費、スクールに通った費用まで経費扱いにできるため、一般のサラリー
マンよりも節税上、非常に有利になります。

時間の自由を持てる

仕事を選ぶことができるなら、働く時間を自分で決めることもできます。

多くの案件は、納期さえ守れば何時に働かないという制約のないものが
多いので、サラリーマンのように9時~17時までと言った型通りの
働き方でなく、自分の都合の良い時間に仕事をできるというメリットが
あります。

仕事を請け負わせることも可能

月に80万円の案件を請負い、さらにその仕事のデザインの部分を
別の人に依頼するということも可能です。

必ず自分がすべて手がけないといけないわけではないため、自分は
得意のプログラミングに専念して、苦手なデザインは20万円で
人にやってもらうという働き方もできるのです。

フリーランスのSEの年収はどれくらい?

フリーランスの場合、月給制ではなく1案件につきいくらという
形のものが多いです。

案件によって金額はさまざまですが、数万円~100万円と、
幅広くあります。

そんな中、フリーのSEの平均年収は600万円~1000万円程度が
相場とされています。

会社員SEの年収の平均は500~600万円と言われていますので、
やはり大きく収入に違いがあるのがわかります。

フリーランスのSEになるにはどうすればいい?

フリーランスのSEになるには、フリーランスのSEを専門に扱う
エージェントに登録すればすぐに仕事を紹介してもらえます。

近年、フリーランスへの求人も非常に増えてきていて、お仕事は
世の中にたくさんあります。そうした仕事を紹介してくれるのが
エージェントです。

登録も10~30秒程度でできますし、もちろん無料。

仕事も自分で選べるのでどんな仕事があるのかを見たいという
だけでも登録しておいて損はないでしょう。

口コミ(レビュー)投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

口コミ(レビュー)を投稿する

フリーPC



無料登録10秒

高単価な案件をご紹介

エンド直・元請けですぐにお仕事をご紹介

エンジニア出身のコンサルタントがあなたをサポート

1~3日でお仕事の紹介もOK

月収100万円超え案件も多数

ポテパンフリーランサーズは、フリーエンジニアのお仕事を紹介してくれる会社です。

 

専門のコンサルタントはじめてのフリーランスの方でもしっかりサポートしてくれます。

細かい要望にも応えてくれるので、不安やわからないことなど何でも相談ができます。

 

すぐに仕事をはじめたい人は、キャリアカウンセリングから案件の紹介まで、スムーズに話がすすむため、早ければ1~3日でお仕事の紹介も可能です。

 

簡単無料登録から、お仕事の相談からはじめてみて下さい。


 



無料登録30秒

福利厚生や所得補償を受けながらフリーで働ける

週3日など、自由な働き方

希望に沿ったお仕事を紹介

システム開発経験者があなたをサポート

年収を上げたい人必見

テックブレインは、フリーランスエンジニア向けのお仕事を紹介してくれる会社です。

 

テックブレインのお勧めの理由は、フリーランスの人が不安に思う福利厚生や所得補償が正社員に近い保障で受けられる選択肢があるところです。

はじめてフリーランスを目指したい方も、そうした保障を受けながらフリーでの成功を目指せるので、第一歩を踏み出すのに最適です。

 

求人数も非常に豊富で仕事が途切れることもなく、エンジニア経験豊富な担当があなたをサポートしてくれます。

登録もたった3項目の入力でOK。

フリーランスを目指すなら、まず無料登録して第一歩を踏み出してみましょう。


トップへ戻る