【働いた翌日にお給料】前給制度が使える派遣会社

 ▶ランスタッドの詳しい記事はこちら

 

FXチャートの動きには3つのパターンがあることを理解しよう

FXでポジションを持つとき、初心者の時はついつい、やみくもに
ポジションをとってしまいがちです。

特にFXはじめたての頃というのは、楽しくて1日に50回も
60回もポジションをとってしまいますが、そういう時は
たいてい、思ったように利益を得られないことが多いでしょう。

そこには初心者にありがちな見落としをしていることが多いのです。

▶最大2万円のキャッシュバック!初心者にもっともおすすめのFX口座「DMM FX」

もっとも見落としてはいけない「横ばい」チャート

FXは単純に言えば、上がるか下がるかを当てるゲームみたいなものです。

ですから、つきつめれば勝率は50%になるはず、そう思う人も
多いでしょう。

しかし、現実にはなかなかそうはならず、負けてしまう人も
多いです。

それなぜかというと、FXには「上がる」「下がる」以外にもう
ひとつの動きが存在するからです。それが

「横ばい」という動きです。

FXはチャートが大きく動いてこそ、利益を得られます。

極端にいうと、チャートがまったく動かないで、横一直線の
線だったら、誰も利益を得ることができません。

FXは世界中のトレーダーが24時間参加していますが、
どの時間でも活発に動いているわけではなく、ニューヨーク
時間やロンドン時間からずれた時間帯や、売りと買いが拮抗
しているとき、または大きな指標発表前、GWなどの連休
期間など、チャートの動きがにぶい時間帯も多くあります。

FXで勝てる人は、この「動かない時間」をよく熟知していて、
この時は手を出しません。

しかしFXを始めたての人は、FXの楽しさについつい手を出して
しまいがちです。

動きがにぶいチャートでポジションを取ってしまうと、
せっかく上がったと思ったらまた落ちてきてマイナスに転じたり、
かと思うとまた戻ってきたりと、自分のポジションをまたいで
いったりきたりされるため、非常にストレスがたまり、結果
損切りを繰り返してしまうことになります。

チャートに振り回されたあげく、結局横ばいだったということに
なってしまい、無駄に負けをかさねてしまうことになります。

手数料だけで負けてしまう

FXはポジションを取ると必ず手数料がかかります。自分がポジションを
取った瞬間は、必ずマイナスからスタートします。

ですから、そんな動かない状態でポジションを持ったり手放したり
を繰り返していれば、手数料ばかりがかさんでしまい、大きく損を
してしまうことになります。

ですので、チャートが活発に動いているかどうかは勝敗を左右する
非常に大事な
要素なのです。

FXの取引時間を知っておこう

FXには、「東京時間」「ニューヨーク時間」「ロンドン時間」
飛ばれる3つの時間帯が存在します。

それぞれの違いを知っておくと取引がしやすくなります。

東京時間

日本時間8時~16時は東京時間と呼ばれています。

主にオセアニアやアジアのトレーダーが多く、9時55分に各金融
機関がその日に提示する基準レート(TTM)を決めるため、この
時間に向けて取引が活発になる傾向があります。

この基準レート(TTM)は輸出入業者等のいわゆる実需筋が利用
するレートです。

特に五十日(ゴトウビ)と呼ばれる毎月5・10日は輸入業者の
決済(ドル買い需要)が多いことから、仲値に向けて円安ドル
高が進みやすいと言われています。

仲値が決まり10時を過ぎると比較的穏やかな価格推移に
なりやすく、前日高値・安値付近では一旦反発しやすいです。

ロンドン時間

日本時間16時~翌2時(冬時間は17時~翌3時)はロンドン
時間と呼ばれ、世界1位の取引量を誇るロンドン市場が開き、
欧州勢が市場のメインプレイヤーとなります。

一部にアーリーロンドンと呼ばれる日本時間15時から取引に
加わる参加者もいます。欧州系通貨ペアの変動が激しくなる
ことが最大の特徴で、東京時間とは全く逆の値動きとなる
こともしばしばあります。

ポジションを建てる時は東京時間の値動きとは違うことに
注意したいです。またこの時間帯は経済指標が多く発表
されるため、取引している通貨ペアに関連した指標の発表
時間はしっかりと確認して、リスクイベントがあれば
ポジションを決済するなど対応しましょう。

ニューヨーク時間

▼日本時間:21時以降
日本時間21時~翌6時(冬時間は22時~翌7時)はニューヨーク
時間と呼ばれ、22時30分には米国株式市場がオープンします。

この時間は為替市場にとって重要な時間帯でトレンドが発生
しやすいと言われており、重要な米国の経済指標が発表される
ことがあります。

24時には「オプションカット」と言われる通貨オプションの
権利行使期限が設定されているため、これに絡んだフローが
出る場合があります。

また翌2時まではロンドン市場と重なっているため、取引参加者
も多く値動きも期待できます。また日本時間翌1時にはロンドン
フィキシングと呼ばれる金のスポット価格や対顧客市場の仲値が
決められる時間であることから、この時間に絡んだ実需筋の売買
動向が相場を動かす要因の一つとなります 。

引用:みんなのFX

FXはおおよそこの3つの時間によってサイクルが回っています。

時間帯によって参加しているトレーダーが違い、動き方も違って
きますので、それを踏まえて取引をしましょう。

「そろそろ動くだろう」で取引しない

FXに慣れてくると、つい予測でポジションを持ってしまいがち
です。しかし、そこにはどうしても希望的観測による判断を
しがちです。

いつ動き出すかは、なかなか予測で捉えられるものでは
ないため、その判断は簡単ではありません。

ですので初心者は、「一度大きく動いた後で取引する」ことを
おすすめします。チャートというのは大きく動いたあとで
大勢が追従する傾向があります。

最初の動きを確認してからポジションを考えることで、チャート
の方向も判断しやすくなりますし、無駄なポジションが減る
ようになり、勝率をあげることができるようになります。

ぜひ参考にして下さい。

チャートの動きがみやすい・ツールが使いやすいおすすめのFX口座

外為ジャパン

第1位 外為ジャパン
1,000通貨から取引可能綜合おすすめ度 :
キャッシュバック最大20,000円
初心者からプロトレーダーまで
取引ツールが充実&使いやすい
操作性最低取引単位通貨ペア数
1,000通貨15通貨ペア
・0.2銭(米ドル/円) ・05銭(ユーロ/円) ・1.0銭(ポンド/円)
外為ジャパンは取引ツールの多さ、使いやすさでおすすめのFX口座です。スマホ、アンドロイドでも快適に動く取引ツールがあり、各種情報も即座に確認できるのが便利です。
 
また、全15ペアすべてが業界最小スプレッドで、しかも1,000通貨で取引ができるので初心者でもリスクが少なく、気軽に始められるのが魅力ですね。口座開設もWEB上から最短5分。取引開始まで最短翌日という速さなので、やってみたい!と思ったらすぐにはじめることができます。
入金も取引画面上からクイック入金でき、取引先金融機関も380もあります。24時間の安心サポートで、もちろんすべての利用は無料。もっともおすすめのFX口座です。
 

DMM FX

第2位 DMM FX
人気・知名度ともに申し分のないFX口座綜合おすすめ度 :
キャッシュバック最大24,000円
国内シェア圧倒的NO.1
取引ツールも充実
操作性最低取引単位通貨ペア数
1,0000通貨20通貨ペア
・0.2銭(米ドル/円) ・05銭(ユーロ/円) ・1.0銭(ポンド/円)
DMM FXは、口座開設数75万口座以上を誇る、口座開設数圧倒的NO.1のFX口座です。
 
DMM FXの魅力のひとつが取引ツールの多さ。PC、スマホどちらでも初心者にも使いやすく、またプロも納得するツールの充実度で、国内シェアを独占しています。
また、サポートも24時間稼働しているのではじめての方でも安心して取引ができます。口座開設もWEB上で完結できるため、最短で翌日からの取引が可能なのもうれしいですね。
 

みんなのFX

第3位 みんなのFX
通貨ペアの多さはトップクラス綜合おすすめ度 :
キャッシュバック最大50,000円
スプレッドの狭さで人気
スマホアプリも充実
操作性最低取引単位通貨ペア数
1,000通貨27通貨ペア
・0.2銭(米ドル/円) ・04銭(ユーロ/円) ・0.8銭(ポンド/円)
 みんなのFXは、スプレッドの狭さと取引画面の使いやすさに定評のあるFX口座です
新規口座開設で最大50,000円のキャッシュバックも魅力で、通貨ペアも27ペアと、非常に多くなっています。
画面のカスタマイズが自由自在で、自分の使い勝手のよいように配置できるのがいいですね。口座開設も口座維持も、ロスカット手数料も無料。さらに、無料オンラインセミナーまで開催されているので、初心者から本格派まで非常におすすめのFX口座です。
 

トップへ戻る