働きたくない人におすすめ!楽で高収入な「治験ボランティア」

治験ボランティア

お金は欲しい。でも、働くのはつらい。。
その気持ちはよくわかります。

そんな人におすすめなのが治験ボランティアです。

今回はこの治験についてのレビューです。



お子さんの口臭に悩んでいませんか?子供が「おいしい!」と言ってなめられるトローチです

治験ってなに?

世の中にはたくさんの薬があります。

怪我や病気、疾患などに日々使われている薬。

怪我や病気をした時、薬を使用したことがない
という人は少ないでしょう。

この薬は、厚生労働省が認可したものだけが世に出る
ことを許されています。

こうした薬は、さまざまな試験が行われて、安全性や
効果がじゅうぶんに検証された後、人間にも
有効であるかを検証します。
これを治験と言います。

治験って危なくないの?

治験と聞くと、人体実験のようなイメージを持ってしまう
人もいるかもしれません。

ですが、治験は法律や規則によって厳格な規定が設けられて
おり、厳選された医療機関の管理下の元で、とにかく安全に
配慮して行われます。

治験は医師や製薬会社、専門家が厳格に計画を立て、計画書
にもとづいて行われます。

新しい薬で治験を実施するには、治験審査委員会(IRB)を
設置し、細かい審査を経てようやく実施することができます。

ですので、安全性については徹底的に検証されますので、
安全が保証されていないものは治験を行うことはできません。

つまり、治験は決して危険なものではないのです。

治験には色々な商品がある

治験が行われる商品は、薬だけではありません。

健康食品や美容関連商品、コスメなど、いろいろなジャンルが
あるので、「治験=薬」というイメージは間違いです。

お金が貰えるの?

治験は正確には、アルバイトや仕事ではありません。

治験はボランティアに入りますので、働いてお金を貰う
のではなく、モニターさんの時間を拘束する事に対する
経済的、身体的な負担を軽減するための「負担軽減費」
として支払われます。

いわば、時間の拘束費という事ができます。

治験というと、危険な目に遭うから高いお金を貰えると
勘違いしている人がいますが、そうではなく、あくまで
人ひとりの時間を拘束することに対する謝礼的な
お金ということになります。

副作用はないの?

多くの人が、治験というと副作用がないの?という心配を
するかと思いますが、副作用というのは、決して悪い意味
ばかりではありません。

例えば、風邪薬を飲むと眠くなりますが、これもいわば
副作用です。

なぜ眠くなるかというと、熱や咳などで体やのどの痛み
を抑えるための鎮痛作用があるためで、決して体に有害な
作用ではありません。

こういった作用は薬のみならず食べ物であってもある事
ですので、治験ではあらかじめすべて想定の上で行われます。

ですので、お薬を飲んだ後は、3時間、個室で本を読んで
待機し、「眠くなったら寝て下さい」といった流れで
進んでいくのです。

ですので、有害な副作用などを気にする必要はありません。

治験に参加する事は社会貢献になる

一般に市販されている薬や医療に用いられているものは
すべてこの治験を通して世の中にでています。

言い換えれば、治験がなければ人の病気を治す薬は世の中
に出ることができません。

したがって、治験は世の中の病気を治すために絶対に必要な
もので、それに参加する事は社会に大きく貢献することに
なります。

誓約書を書かされたりするの?

誓約書を書かされたりすることはまったくありません。

治験に参加する人はあくまでボランティアであり、治験に
関するすべての事は製薬メーカーや治験責任医師に
責任があります。

ですので、誓約書を書かされて危険な実験を受けなければ
ならないといった事も一切ありません。

治験の途中でやめてもいいの?

治験の途中でやっぱり不安になったりした場合、途中で
やめることも可能です。

あくまでボランティアですので、嫌がる人に無理強いを
する事はありません。

これは厚生労働省の定める厚生省令第二十八号で、
被験者はしっかりと守られています。

治験のメリット

もらえるお金が高額

治験でもらえるお金は、「負担軽減費」といいますが、
このお金はかなり高額であることが多いです。

例えば通院が12回必要な治験の場合、1月で25万円
貰えるなど、なかなかの金額です。

そのかわり、毎日決まった時間に薬を飲んだり、
自分の体の症状を記録したり、食事の制限があったりと、
ある程生活に制限が出てくる事があります。

最新の医療を受けることができる

薬や化粧品、コスメなど、まだ世に出ていない新しいもの
を試すことができます。

例えばニキビに悩んでいる人は、ニキビに効果のある薬を
誰よりも早く試すことができるので、治験のおかげで
ニキビが治ったなんてこともあるでしょう。

糖尿病に対する有効薬などは現在も日々研究されているため、
糖尿病の持病を持つ人はモニターとして多く募集されて
いたりします。

寝ていても報酬が発生する

治験に参加している間は、寝ている間も検査の対象になるため、
報酬が発生します。

無料で健康診断が受けられる

治験では、モニターさんの健康状態も事前にチェック
しますので、無料で健康診断が受けられます。

食事も提供される

1日拘束が必要な治験の場合、食事も提供されます。

ただし、自分の好きなものが食べられるとは限りません。

治験のデメリット

治験のスケジュールに合わせて生活する必要がある

治験は、段階的に検査や検証を繰り返しますので、
睡眠や食事、運動など、データをとるために必要な
生活をする必要があります。

また、治験を受けている間は、施設内にとどまる必要
があったりと、時間的な拘束もある場合があります。

いきつけの病院に行ってはいけない場合もある

なんらかの持病があり、いきつけの病院に通っていても、
治験に参加中はいきつけの病院にいってはいけない場合も
あります。

別の病院で薬をもらったりすると、治験の検証結果に影響が
あるかもしれないためです。

プラセボを服用する場合もある

プラセボとは、有効成分がなにも入っていない薬のこと。

心理的な効果などを検証したりする場合もあるので、なんの
効果もない錠剤を飲んでいる場合もあります。

予想外の副作用が起こる場合もある

安全にはじゅうぶんに配慮されていますが、やはり
想定外の副作用が起こる場合もあります。

普通のバイトよりも募集が少ない

治験モニターの募集は、通常のアルバイトよりも募集の数は
少ないので、いつでも応募できるものではありません。

まとめ

治験はあくまでボランティアですが、アルバイトとして
考えた場合、そのメリットは非常に大きいです。

普通に働くよりも楽である事は間違いないですし、
もらえる金額も高額です。

基本的には副作用など、体に害があることはめったに
ありませんし、むしろ健康診断まで受けられるので、
おいしいと言えます。

とはいえ、絶対に安全という事はありませんので
自己責任であること、また募集が頻繁にあるわけでも
ないので、希望しても参加できない事もあります。

ですので、治験に参加したい人はできるだけたくさん
治験モニターのサイトに登録しておいて、募集が
きたときに内容を見て参加不参加を決めるのがいいですね。

興味のある方は、できるだけ無料登録しておきましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

国が安全を認めた治験ボランティア登録サイト






JCVN

治験ボランティアに対するみんなの評価
口コミ(レビュー)投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

口コミ(レビュー)を投稿する

平均:
レビュー数 0
トップへ戻る