Webデザイナーの仕事はつらい?楽?時給は?口コミ・経験者レビュー

WEBデザイナー

Webデザイナーは、その名の通りWebのデザインをするお仕事です。

しかし一言でWebデザインと言っても作業内容はさまざま。

Web制作に関する全ての作業に関わるお仕事のため、ただデザインだけを
するだけのお仕事ではありません。

今回はそんなWebデザイナーのお仕事内容についてレビューします。

採用決定で即お祝い金!Webデザイナーのアルバイトはこちら
関東 関西 地域指定

Webデザイナーってどんな仕事?

Webデザイナーの主な仕事内容は、依頼主の希望通りのWebサイトを
デザインすること。

依頼は企業や個人などさまざまなところからくるので、毎回求められる
クオリティが変わってきます。

それでは順番にお仕事の内容を説明していきます。

サイト全体の構成を決める

Webサイトを作るにあたって、一番最初に行うのはサイトの全体像を
決めることです。

クライアントと綿密な打ち合わせをしながら、どのようなサイトを
作るのかのイメージを決定します。

ここで大事なのは、どのようなデザインをするかということよりも、
クライアントが求める成果が何なのかを確認する事です。

ただ単にかっこいい企業用のWebサイトを作って欲しいという依頼
なら簡単ですが、Webサイトを作る目的の多くは、自社の商品を
売りたい、問い合わせ件数を増やしたいといった、実利益を求めています。

ですから、その成果を生み出すにはどのようなWebサイトを作れば
いいのかをクライアントと話し合っていき、相手の要望を聞きながらも、
成果をあげるにはどうすればよいのかをプロの立場で提案していく
必要もあります。

ここがしっかりしていないとまともなWebサイトは作れませんので、
この最初の工程が非常に大事です。

レイアウトを決める

Webサイトの構成が決まったら、今度はレイアウトを考えていきます。

おおよそのパーツの配置や色調、カラムの数をどうするかなど、
成果を達成できるレイアウトはどのようなものかを考えて決定します。

決めたレイアウトに従ってWebをデザインする

ここでいよいよデザイナーとしての本格的な仕事がはじまります。

ユーザビリティ(ユーザーの利便性)、アイコンや装飾、ロゴの配置
などを考えながらWebをデザインし、サイトを構成する各パーツを
デザインしていきます。

Webサイトをコーディングする

Webサイトのデザインが決まってきたら、最後にコーディング
行います。

コーディングとは、HTMLやPHP、CSS、JavaScriptなどの
ソースコードを書いたり、整理することです。

コーディングの際には、正しくデザインや動作に反映しているか、
間違ったコードがないか、余分なコードはないかなどを細かく
チェックしながら無駄なくきれいにコードを書かなければいけません。

納品する

完成したWebサイトをクライアントに納品して完了です。

通常、Web制作会社はWebサーバーも同時に提供したり、懇意の
サーバーを紹介したりするため、サーバーへのアップロードも
請け負うことが多いです。

サーバーにアップロードし、最後にもう一度デザインや
動作チェックをして終了です。

時給はどれくらい?

アルバイトとして募集がある場合、Webデザインの一部を
任されるのが一般的で、時給は1,000円~1,500円くらいです。

社員であれば、年収300万~500万円が相場で、経験により
優遇されます。

どんなソフトを使うの?

Webデザイナーが用いる代表的なソフトには以下のようなものがあります。

Illustrator

イラストレーター

イラストや画像を描くのに使用するソフトです。

イラストを描くためのさまざまな機能があり、すべての機能を
使いこなすにはかなりの経験が必要になりますが、最低限の
機能だけでも十分にWebデザインは可能です。

Photoshop

フォトショップ

写真やイラストを加工するための画像編集ソフトです。

Illustratorはゼロからイラストを書くことに長けているのに対し、
Photoshopは写真やイラストなどの画像に影をつけたり一部を
切り取ったり、色合いを修正したりする事に長けています。

Photoshopを使っていない会社はまずないと言っていいでしょう。

Dreamweaver

ドリームウィーバー

DreamweaverはHTMLやCSSなどのコードを書かなくても視覚的に
Webサイトを作れるソフトです。

手書きでコードを書いていると大変な作業になってしまいますが、
Dreamweaverを使用することで簡単にWebサイトを作成する事が
できます。

ただし、Dreamweaverで作ったソースをそのまま納品することは
なく、まずはDreamweaverで仮デザインを作成して、最終的に
ソースを手打ちでコーディングするのがWebデザイナーの仕事です。

Flash

フラッシュ

Flashを制作できるソフトです。

Flashは映像を視覚的に動かせるので、かっこいいサイトを作るのに
非常に多用されきましたが、最近ではスマホでの閲覧が増えたことも
あり、Flashの需要も減ってきているようです。

FTPソフト

FTP

作成したWebデータをサーバーにアップロードするのに
必要なソフトです。

FFFTPなど、無料のものも多数あり、どのソフトも使い方に
それほど大差はないため、すぐに使えるようになるソフトです。

その他の知識

Webデザイナーになるために、知っておくとよい知識を簡単に
紹介します。

HTML(HyperText Markup Language)

HTMLはWebサイトを作るために開発された言語です。

ほとんどのWebサイトはこのHTMLで記述されていて、
この記述に従って画像や写真、文字が表現されてています。

CSS(Cascading Style Sheets)

CSSは、HTMLでは表現しきれない細かいデザインを指定できる
もので、サイトのデザイン技術が向上した現在では必須の言語です。

HTMLがWebページの各要素の意味や情報構造を記述するのに
対して、CSSはそれらをどのように見せるかという装飾の部分
の役割を担っています。

PHP(Hypertext Preprocessor)

PHPは、HTMLではと組み合わせる事で、動的なページを作ったり
データベースと連携したりする事を可能にする原語です。

条件に合わせて表示させるメッセージを変えたり、リンク先を
分岐させたり、データベースを参照して顧客情報を呼び出したり
さまざまな事ができます。

JavaScript(ジャバスクリプト)

JavaScriptは、HTMLと組み合わせることでWebページに動的な
表現を付加できる原語です。

PHPとの違いは、PHPがサーバー側で処理を行っているのに対し、
JavaScriptはローカル側(閲覧者側)のブラウザで処理されている
ところです。

これらの知識があると、Webデザイナーになるのにとても役に立ちます。

Webデザイナーにはコミュニケーション能力も必要

打ち合わせ

Webデザイナーというと、お客さんとは接せずに裏側でもくもくと
デザインをするというイメージがあるかもしれませんが決して
そんなことはなく、デザインするにあたってクライアントの希望を
都度確認しながらの作業になるため、頻繁にコミュニケーションを
取らなければいけません。

ですが、会社によってはクライアントとの打ち合わせは全て
Webディレクターというポジションの人が行い、Webデザイナーは
Webディレクターの指示で作業をする場合もあります。

作業毎に分担している会社もある

Webデザイン業務のうち、コーディングだけを任せたり、
ロゴ作成だけを任せたりと作業を分担しているところもあります。

このような会社の場合、未経験の人や、まだ経験や知識が浅くて
Webデザイン業務の全てはできないという人でも雇ってくれる
事が多いです。

Webデザイナーになるのに資格は必要?

過去に業務経験があれば優遇されますが、絶対に資格がないと
なれない職種でもなく、未経験でも雇ってくれる会社もたくさん
あります。

~プログラミングとコーディングの違い~

ちょっとわかりにくい、プログラミングとコーディング。

ニュアンスとしては違うように感じますが、いざ説明を求められるとなかなか難しいですよね。

厳密に言うと、プログラミングは「設計」も含むので自分で考えながらプログラムを書いていく作業になります。逆にコーディングは仕様に従ってプログラム言語に置き換える作業で、いわば「翻訳」的な意味合いになります。

例えば「ここをクリックするとこう動くにはどう書けばいいのか」と考えてコードを作っていく作業がプログラミングで、できたコードを渡されて、「このサイトのソースに付け足しておいて」と指示されて記述する作業がコーディングという事になります。

こんな知識があるとさらに有利

SEO(Search Engine Optimization)

せっかく作ったWebサイトも、誰からもアクセスしてもらえ
なければ意味がありません。

そのため、より多くの人からアクセスしてもらえるように
GoogleやYahooといった検索エンジンの上位に表示して
もらえるよう、サイトの内容を考えなければいけません。

それがSEO(Search Engine Optimization)です。

SEOは日本語で「検索エンジン最適化」のことで、検索エンジン
の上位に表示してもらうために行う対策全般を指します。

ただやみくもに文章を書いても、検索エンジンに「いいこと
書いてるな」と思われなければ誰の目にもとまらない下位に
押し下げられてしまいます。

逆にみんなの役に立つようなよいページを作れば、たくさんの人が
見てくれる上位に表示されるようになります。

こうしたSEO対策の知識はどこでも重宝されるので、もっていると
非常に有利です。

フォント

一般の人にはピンとこないかもしれませんが、Webデザインに
おいて非常に重要なのが「フォント」です。

フォントとは文字のことで、このフォントによって視覚的な
印象が全く変わってきます。
ロゴやアイコン、タイトルなどの文字を作る時には必須です。

このフォントだけはフリーのものでは全く味気なくなってしまう
ので、そのテーマにぴったりのフォントを選択するセンスは
とっても大事。

Webデザインの仕事をするなら、このフォントの重要性は
知っておかなくてはいけません。

フォントの種類や名前に詳しいと有利ですよ。

Webデザイナーのメリット

メリット

知識・経験が身につく

Webデザインに関する知識や経験が身につきます。

特に移り変わりの早い業界なので、常に新しい知識や情報を
知ることができます。

ニーズがある

近年はネット社会のため、Webデザイナーはニーズがあり、
募集も多いです。経験者はさらに有利です。

達成感がある

クライアントに喜ばれたときや、素敵なサイトを作れた時、
とても達成感があります。

時給が高い

Webデザイナーの求人は、時給が高めのものが多いです。

さまざまなソフトが使えようになる

Webデザインに使うソフトはどれも高価ですが、会社であれば
もちろんタダで使えます。

採用後必ずお祝い金がもらえる!マッハバイトでWebデザイナーのバイトをみてみる

Webデザイナーのデメリット

つらい

経験者が優遇される会社には入れない

レベルの高いデザイン会社は、経験者しか採用されない
ところも多いため、希望の会社には採用してもらえない
事もあります。

納期に追われる

納期までに絶対に完成させないといけないため、時間に
追われて大変な状況もよくあります。

そのため社内がピリピリしてしまうことも。

クライアントがダメと言えばダメ

どんなに自分がかっこいいと思うデザインができても、
クライアントが「NO」と言えばやり直しです。

結局、自分が作ったものよりもダサいデザインがOKに
なることもけっこうあります。

常に勉強しないといけない

変化の激しい業界なので、自分で積極的に学ぶ姿勢が必要です。

ぼーっとしているとどんどん取り残されてしまいます。

どうすればWebデザイナーになれる?

未経験からWebデザイナーを目指すなら、お金を払って習いに行く
よりも、未経験OKのところに飛び込んで働くほうが100倍身につきます。

未経験OKのところは、指示通りにアイコンを作るだけとか、
コーディングだけなど簡単な作業しかできないところもありますが、
そうした作業をしながら会社の中で色々教えてもらったり、人の
仕事を見て技術を盗んだりすることもできます。

そのうち、違う作業をさせてもらるチャンスもあるでしょう。

そうやって経験を積んでおけば、より希望の会社が見つかった時も、
経験ありとして応募できます。

「習うより慣れろ」です。

女性はどれくらいいるの?

女性デザイナー

もちろん女性でもWebデザイナーはたくさんいます。

化粧品やファッションサイトなど、女性向けのWebサイトは
多くが女性が作っています。

男女ともに活躍ができる業界です。

今後もWebデザイナーは必要とされる

ネット社会になり、猫も杓子もインターネットの時代。
Webデザイナーの需要は今後も高まっていくでしょう。

近年ではほとんどの人がスマホ経由でWebを見ているため、
どの企業もスマホ用のサイト制作が必須になっています。そのため
スマホ向けサイトのコーディングの仕事はますます増えていくと
思います。

まとめ

Webデザイナーは近年、ますます需要が増えている職業です。

経験があればあるほど優遇されますが、未経験OKのところも
たくさんあります。

平均収入も高いのでなりたい人も多い職業のひとつですね。

未経験からでも、働きながらスキルを身につけて転職して
ステップアップすることも可能なので、上を目指したい人に
おすすめです。

将来に役立つ仕事をしたいという人にもWebデザイナーは
おすすめです。

うれしいことに、Webデザイナーの仕事は、アルバイトでも
求人がけっこうあります。

アルバイトからのスタートは、未経験OKのものが多く、そこから
経験を積んでいくことができるのでとてもおすすめですよ。

WEBデザイナーのアルバイトの総合評価
1.肉体的なハードさ ☆☆☆☆
2.精神的なハードさ ★★☆☆☆
3.時給の高さ ★★★★
4.やりがい ★★★★
5.採用されやすさ ★★★☆☆
時給
1000円~1500円
おすすめ度 
この仕事に向いている人
デザインが好きな人 / 人とのコミュニケーションが取れる人 / やりがいや達成感のある仕事がしたい人 / 将来性のある仕事がしたい人
採用決定で即お祝い金!Webデザイナーのアルバイトはこちら
関東 関西 地域指定

Webデザイナーに対するみんなの評価

口コミ(レビュー)投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

口コミ(レビュー)を投稿する

平均:
レビュー数 0
アルバイト求人サイトランキングPC

2019年度最新版:おすすめのアルバイト情報サイトTOP4

第1位:マッハバイト

 採用決定でお祝い金がもらえる!
 おすすめ度:

マッハの速度で「もれなく」お祝い金がもらえる!「マッハボーナス」

日払いのバイトを探す
高時給のバイトを探す
高校生OKのバイトを探す
飲食店のバイトを探す
カフェのバイトを探す
塾講師のバイトを探す
アパレルのバイトを探す
短期・単発のバイトを探す

最短で採用翌日に最大1万円がもらえる!

日払い、週払いなどうれしいお仕事が多数

ブランドショップ、アパレルなどのバイトもいっぱい

学生、高校生、主婦、シニア、男女問わず

マッハの速度でお祝い金がもらえる「マッハボーナス!」

なんと最短で採用翌日に最大1万円がもらえます。しかも「もれなく」「どのバイトでも」もらえるという驚きの求人サイトです。

 どうやってマッハボーナスをもらうの?

もらえる条件はたった3つ。

■マッハバイトからバイトに応募した

■採用が決まった

■勤務開始日が決まった 

後は下記のページから応募時に使用したメールアドレスを送信するだけ!マッハボーナス申請URLが届きます。

【マッハボーナス申請ページ】https://j-sen.jp/info/iwaikin.htm

仕事の検索方法も細かく設定できるので、自分のこだわりの条件で検索できて仕事探しも簡単です。男女ともに利用者が多く、年齢も問わず幅広いお仕事情報があります。

 

第2位:バイトル
 仕事の探しやすさはピカイチ
 おすすめ度:

ユーザー総合満足度No.1!バイト探しはバイトル

ユーザー総合満足度NO.1

動画でのお仕事紹介

制服写真の掲載

使いやすい検索機能

CMでもおなじみのバイトル。求人サイトユーザー調査において、ユーザー総合満足度No.1に選ばれた、知名度も抜群の求人サイトです。

制服写真の掲載動画でのお仕事紹介など、職場の雰囲気やスタッフの様子まで伝わる求人掲載で、仕事の見つけやすさは折り紙つき。

全国約90,000件のお仕事を随時掲載し、希望の職種ごとにピンポイントでお仕事が探せるよう になっています。お仕事体験職場見学など、働く人に便利なサービスもあり、バイト初心者でも安心してお仕事を探せます。

条件による細かい検索もできるので、使いやすさもNO.1です。

 

第3位:プチジョブ

  面接なしで、その日のその時間だけ働ける!
 おすすめ度:

1日2時間からOK!バイト代は即日支給の便利な求人応募サイト

面接なしで最短その日に働ける

空いたわずかな時間を活用してバイトができる

お給料は即日

今すぐに働ける数時間先からの求人が閲覧できる

プチジョブは他の求人サイトと違い、すぐにその時間だけ働きたい!という人のニーズにこたえたうれしい求人情報サイトです。

短期のバイトのためにわざわざ面接に行ったりする必要がなく、WEB登録するだけでOK。急にお金が必要になった時や、空いた数時間をちょっとだけ働きたい、と言ったときに非常に重宝します。バイト代も即日払いなので、言うことなしですね。

他の求人サイトと一緒に、登録しておくときっと役立ちますよ。隠れたおすすめサイトです。

 

第4位:バイト探しはシフトワークス

 希望の時間と曜日から仕事が探せる
 おすすめ度:

シフトにこだわった職場探しができる

3時間×週3日などシフトにこだわった仕事探しができる

主婦OK,中高年OKなどの検索も可能

副業やWワーク向きの仕事も多数

幅広い世代に向けた求人が多数

シフトワークスは、働きたい時間と曜日でアルバイトを探せるアルバイト情報サイトです。

学生やフリーターのみならず、主婦や主夫、中高年歓迎など、世代別のお仕事探しがしやすいのが特徴です。副業やWワークのバイトを探している人にも便利な検索機能があります。

 

トップへ戻る