「自分のやりたい仕事がわからない人」に派遣がおすすめの理由

仕事を長く楽しく続けるにあたって、自分のやりたかった仕事につけるか
どうかはとても大事なポイントです。

しかし、そもそも「自分のやりたい仕事がなんなのか」がわからないという
人も多く、職場選びや職種選びに悩む人も多いでしょう。

「とりあえず正社員になる」のは失敗の元

もともとなりたい職業がある人や、自分が何をしたいかがはっきりしている人
であれば、迷いなく正社員の道を選ぶことができます。

しかし、まだ自分が何をしたいのかがわからない人にとって、正社員として
働くという選択肢は必ずしも正解とは言えません。

自分の進みたい道ははっきりしないけど、「とりあえず正社員になれれば間違い
ない」という風潮は、現実には多くの人を失敗に導いてしまう傾向にあります。

正社員として入ったはいいが、仕事も全然楽しくない、人間関係も悪い、
給料も少ない、終身雇用が保障されるわけではないと言ったデメリット
だけがのしかかってしまうケースも多く、その結果、引きこもりになって
しまったり、働くことに対してネガティブになってしまう人も非常に
増えています。

正社員が悪いということではなく、「正社員が正しい」という風潮に流され
ないようにすることは、長く働いていくためには必要な考え方であると
言えるでしょう。

終身雇用時代はすでに終わりを迎えている

現在では、昔と違って終身雇用という概念はすでに終わりを迎えています。

大手メーカーに入ったからと言って、退職までの安泰が約束されているわけ
ではなく、ボーナスや退職金も保障されているわけではありません。

そもそも、会社そのものが数年先も存続しているかどうかだってわからない
時代に突入しています。ですので、「正社員=勝ち組」という図式はもはや
成立していないと言えます。

「やりがい」は自分の中にしかないもの

仕事に対する「やりがい」は、人によって違うものです。

どんなに仕事がつらくても、給料が高いことにやりがいを感じる人もいれば、
給料は少なくても人の役に立っていることに誇りを持つ人もいます。

人間関係の良さを一番大事に思う人もいれば、競争の中で勝ち上がっていく
ことに楽しさを覚える人もいます。

こうしたやりがいは誰かに依存したものではなく、自分の中にしか答えが
ないものです。

はたから見るとよくあんな大変な仕事ができるなと思われている人でも、
本人は楽しくて仕方がなかったり、逆にあんな楽な仕事で給料貰えるなんて
うらやましいと思われるような人でも、本人は苦痛で仕方なかったりも
します。

仕事を楽しめるかどうかは、必ずしも仕事や職場に原因があるのではなく、
多くの場合、自分の中に答えがあるものなのです。

「やりたいことがない」はおかしなことではない

誰もが年を重ねるにつれて、社会で働く必要性に迫られますが、その反面、
いつまでたっても自分のやりたいことが見つけられないという人も多い
でしょう。

そうした時に、「他の人はどんどん自分の道を歩いているのに、どうして
自分はだめなんだろう・・」と自己嫌悪に陥ってしまうかもしれません。

しかし一度や二度職場選びに失敗したからと言って、必要以上に落ち込む
ことはありませんし、やりたいことがないことを恥じる必要もありません。

そもそもまだ社会に出て間もない人が、最初から自分のやりたい道が
決まっている人なんて少数派ですし、世の中には自分の想像もしたことの
ない仕事や働き方がごまんとあります。

そうした中から自分の理想の働き方を見つけるためには、より多くのことを
知り、経験する時間が必要です。

大事なのは、「どんな仕事があるのか、何が自分のしたいことなのか」を
探す意志を持つことです。

漠然と時間を過ごしてしまうと、なかなか理想の仕事にはめぐりあえませんが、
自ら探す意志があれば、遅かれ早かれ、自分の道を見つけることができます。

「自分のやりたい仕事がわからない人」は派遣社員がおすすめ

まだ自分のやりたいことが見つけられない人や、一度就職に失敗して仕事で
つらい思いをした人には、派遣社員で働くという選択肢も視野に入れて
みましょう。

派遣社員として働くことは、やりがいのある仕事を探す上で多くのメリットが
あります。

幅広い職種を経験できる

近年の派遣の求人には、非常に幅広い求人募集があります。

接客業や軽作業と言った従来の求人だけでなく、プログラマーやデザイナー、
オペレーターなどの専門職、保育士、看護師、介護士、などの資格系のお仕事、
オフィスワーク、データ入力、施工管理など、経験できない職種はほぼありません。

そのため、これまでにやったことのなかった新しいジャンルの仕事にも簡単に
挑戦することができ、採用までのハードルも正社員と比べてはるかに低くなり
ます。

短期間での契約で仕事や職場を試せる

正社員として仕事を探すとなると、必ず長期雇用が前提となります。

しかし働く側としては、「本当に自分に長く務められるのか?」「職場環境は
悪くないか?」「つまらない仕事だったらどうしよう」という不安は必ず
つきまといます。

そのため、なかなか仕事の応募に踏み切れないと言う人も多いでしょう。

しかし、派遣社員であれば、契約時に「契約期間」という期間が設定される
ため、その期間がすぎる度に再契約するかどうかを改めて決めることが
できます。

契約期間は、基本的には1ヶ月~半年程度のところが多いので、例えばまず
1ヶ月働いてみて、自分に合う仕事かどうか、職場の雰囲気は悪くないか
などを確認した上で、契約を延長するかどうかを決めることができます。

ですので、自分に合わない職場であれば、1ヶ月だけ我慢すれば、契約を
延長せず、堂々と次の仕事探しに移ることができます。

期間はきちんと満了しているので、なんの責任を問われることもありません
し、延長を断る権利があります。

正社員として入ってしまうと、1ヶ月で辞めることはなかなかできませんが、
派遣社員であれば、それが可能になります。

待遇は正社員と変わらない

派遣社員は、その名の通り「派遣会社の社員」です。

就労先は外部の会社であっても、自分自身は派遣会社の社員として働いて
いるわけですから、正社員と変わらない条件で仕事をすることができます。

社会保険にも加入できますし、有給休暇や育休、産休も堂々と取得できます。

福利厚生も充実している派遣会社が多く、むしろ大手企業の正社員よりも
優待されているものも少なくありません。

また、近年では前給制度を採用している派遣会社も多く、日払いや週払い
仕事も多数あるため、正社員として働くよりももっと都合よく働くことが
できるようになっています。

時給も高い

派遣社員は時給も高いのが特徴です。

ボーナスや賞与は基本的にはありませんが、その分時給が高いことが多く、
サービス残業や持ち帰り仕事などの実労を考慮するとむしろ正社員よりも
時給は高いことも少なくありません。

とくに、アルバイトやパートなどと比べればその時給差はかなり大きく、
同じ仕事をしていても、時給が200円以上違うことも珍しくありません。

仕事探しの労力が非常に少ない

正社員として仕事を探すと、かなりの労力が必要になります。

履歴書や職務経歴書の作成や送付から書類審査通過、複数回の面接などを
経て、採用までに数ヶ月を要します。

その手続きを複数社に渡って繰り返さないといけないため、その労力は
相当なものです。

しかし派遣社員として仕事を探す場合は、Web上から派遣会社に登録を
して、電話面談などで希望の仕事を伝え、仕事を紹介してもらうだけで
採用に至ることも多いので、登録した2~3日後から仕事が開始
できるなど、非常に手間が少なく、スピーディです。

面接がない

派遣社員には「面接」というものがありません。

派遣会社に登録するさいには、「登録会」などで一度派遣会社の担当者さんと
打ち合わせをすることはありますが、これはあくまで本人の希望を詳しく
聞いたり、お仕事を紹介してもらうための時間ですので、あなたを選考したり
審査する場ではなく、もちろん面接ではありません。

そして派遣会社からお仕事の紹介を受けたら、あとは派遣会社と派遣先の企業
との間で書類が取り交わされるだけなので、ここで派遣先企業からあなたの過去の
実績を直接問われたり、面接を設けられたりすることはありません。

つまり、派遣会社があなたをどこかの企業に紹介してくれた時点で、あなたは
採用となる前提で話が進んでおり、後はあなたがその職場を承諾するかどうか
ということになります。

副業が可能

派遣社員は正社員と違い、副業が禁止されていることはほぼ100%ありません。

ですから、派遣社員として働きながらアルバイトをすることも可能ですし、在宅
でお仕事を請け負うことも可能です。

まとめ

正社員にも派遣社員にも、それぞれにいいところがありますが、一昔前と違い、
正社員という働き方が一番理想的だという時代はすでに終わっています。

今後は、「自分に合った働き方を自分が選ぶ」時代に入っていきます。

「やりたいことがわからない」で止まるのではなく、どんな働き方があるのか
を自分から探してみることによって、思いもよらなかった天職に出会えるかも
しれません。

そうした仕事探しに、正社員としての求職活動はスムーズさを欠いてしまう
部分がありますので、正社員にこだわらず、派遣という身軽な仕事探しも
選択肢として考えてみましょう。

ぜひ参考にして下さい。

トップへ戻る