障害者の就活~採用率を格段に上げる「自分の障害の正しい伝え方」

障害者が求職活動をするさい、自分のもつ障害をどのように伝えるかは、
採用率を高めるために非常に大事です。

あまり正直に伝えてしまうと選考で落とされてしまうのではないか、
という不安から、なかなか具体的に自分の障害を伝えられない人が
多いようです。

ですが、実は雇用側が知りたいのはより具体的な話です。

「この人はどのようにして仕事をするのか」「普段はどのようにして
過ごしているのか」と言った、正確な話を聞くことによって、どの
仕事をしてもらうか、どのように配慮すればよいかを判断しようと
しています。

まずは自分のできることできないことをしっかりと伝える

まず大切なのは、障害を持つことによって自分ができないことは何か、
そして逆にできることは何かを明確に伝えることです。

例えば聴覚障害を持つ人の場合、具体的にどれくらいの距離であれば
聞こえるのか、どうやって日々の生活をしているのか、どのように
すれば仕事をすることができるのかを、採用側は知りたいのです。

ですから、

「1mほどの距離があると、普通の会話は聞こえにくいです」

「少し複雑な話の場合は、筆談頂ければスムーズに仕事をすることが可能です」

など、具体的に自分のできること、できないことを伝えたほうが、
採用側も、実際に働いてもらう時にどのような仕事をしてもらうか、
どのように配慮すればよいかがはっきりするので、採用もしやすくなります。

しかし、障害者の多くは、自分のできない部分をはっきり伝えずに
なんでもできるような受け答えをしてしまいがちです。

採用側も、障害を持って働こうとしていることは理解しているので、
その部分を隠されてしまうとかえって採用しにくいものです。

配慮してもらう代わりに自分の発揮できる力をアピールする

障害があること自体に引け目を感じる必要はありませんが、その代わりに
「このように配慮して頂ければ、私はこれだけのことができます」という
意欲を示すことは非常に大事です。

「私は下肢障害のため、長時間の立ち作業が難しいですが、作業中に
こまめに座ることを許可頂ければ作業も滞りなく行うことができます」

このように、障害への配慮を頂くことによってこれだけの働きができます
というアピールをすれば、仕事への意欲も伝えられ、会社としても採用後に
ともに働いてもらえるイメージがしっかりとできます。

他にも

「上肢障害により、肘から先の動きがあまりスムーズでないので、
通常のマウスではなくトラックボールマウスを使うことで、パソコン
操作がスムーズに行えます」

「上半身の障害のため、長時間のデスクワークをすると体を支えるのが
つらいのですが、背もたれの高い椅子であれば長時間作業が可能です」

など、環境を配慮してもらうことで仕事の効率を上げることができる
のであればしっかりと伝えることが大事です。

具体的な症状と配慮の希望を伝え、仕事への意欲を伝えることができれば
採用側も、何を準備すればよいか、どのように働いてくれそうかを
イメージしやすくなります。

「できないことが何か」よりも「どのように対処しているか」が大事

「○○はできません」「○○は無理です」など、できないことだけを伝えると
あまりいい感触を持ってもらえません。

採用側が見ているのは、できないことに対して普段どのように対処しているのか
です。

できないことばかりアピールされると、一緒に仕事をしていく時も「あれもできない」
「これもできない」となってしまい、使いづらい人だと思われてしまいます。

障害があっても、それをどのように対処しているのかを採用側はみているのです。

まとめ

障害者雇用枠を持っている企業は、ちゃんと障害のある人にもできる仕事を
用意してくれています。

ですが、当然ながらしっかりと働く意欲のある人、障害と向き合いながら
働きたいと思っている人を求めています。

ですので、配慮してもらいたい部分は正直に伝え、そのかわりにこれだけの
働きができますという意欲を伝えることがとても大事です。

ぜひ参考にして、理想の職場を見つけて下さい。

【関連記事】

▶都道府県別おすすめの障害者求職・転職エージェントランキング

▶うつ病でも働きたい!おすすめのお仕事と理解してもらえる職場の探し方

▶障害者雇用枠で募集している仕事内容って?どんな仕事があるの?

▶障害者でもできる仕事は?障害別のお仕事事例と経験者レビュー

▶障害者が在宅でお仕事をするには~募集の多い職種と必要なスキル~

障害者が仕事を探す際の選択肢「オープン・クローズ」の考え方

▶「障害があることで働く勇気が出ない」人が心を強く持てる方法

▶うつ病の原因がウイルスであることが判明!ヒトヘルペスウイルスとは

障害者用LP PC

2020年度最新版 障害者向け無料求職支援サービス

派遣会社名 登録方法・おすすめ度
ランスタッド障害者転職サービス  3分無料Webエントリー
  障害者向けフルタイム求人多数

全国に多数の求人あり
専任コンサルタントの徹底フォロー
事務、IT、製造など幅広い求人
求人の数 求人エリア サポート力 口コミ
世界最大級の求人・転職エージェント「ランスタッド」の障害者専用転職サービスです。日本全国に求人があり、幅広い職種から仕事を探すことができます。専任のコンサルタントが最初から最後まで手厚くサポートしてくれるので、安心して求職活動を行うことができます。さらに、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉限定)で精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、精神保健福祉士が専門的な就労支援も行ってくれます。事務職、営業、製造、IT、医療、クリエイティブ、オープンポジションなど多くの職種から希望のものを選べるので、転職や求職をお考えの方に非常にお勧めのサービスです。
主な求人のジャンル
事務アシスタント、人事、総務、経理、営業事務、翻訳・通訳、テレオペ、システム運用、開発、技術評価、ユーザーサポート、SE/PG、設計・積算業務、実験補助、マシンオペレーター、品質管理、薬剤師、ミドルオフィス・バックオフィス、ビジネスコンサルティング、広告・販促デザイン、DTPオペレーター、Web編集・企画、販売・接客・店長、店舗オペレーター、調理業務、企画営業、国内営業など
まずは求人を見てみる(ページ中央の「求人情報を見てみる」をクリック)

 

派遣会社名 登録方法・おすすめ度
アットジーピー  簡単2分無料会員登録 
  アドバイザーが内定までサポート

障害者雇用のパイオニア
専任コンサルタントの徹底フォロー
事務、IT、製造など幅広い求人
求人の数 求人エリア サポート力 口コミ
アットジーピーは、障害者雇用のパイオニアとして15年以上に渡り障害者の就職・転職をサポートしてきた老舗です。自分で仕事を探すのと違い、キャリアアドバイザーが求人の紹介から内定まですべてを無料でサポーしてくれるため、お仕事につける確率が格段に違います。筆談への配慮、車椅子への配慮、自動車通勤への配慮、終了自家への配慮など、自分にあった就業条件で求人を探すことができます。勤務時間や人それぞれに見合った職務の調整など、アットジーピーが企業とあなたとの架け橋となってくれます。障害者がお仕事につくために必ず利用したいサービスです。
主な求人のジャンル
一般事務、営業、受付、テレオペ、庶務、販売、企画・マーケティング、IT、エンジニア、クリエイティブ、プログラマ、SE、ヘルプデスク、DTPオペレーター、Web制作、CAD、品質管理、機械オペレーター、福祉、通訳、医療、研究開発など
▶まずは求人を見てみる(「求人を検索する」をクリック)

 

派遣会社名 登録方法・おすすめ度
dodaチャレンジ  クイックWEB登録・電話カウンセリングも可能 
  オープンポジション求人でその人に合った仕事をご紹介

電話カウンセリング可能
コンサルタントの手厚いフォロー
豊富な求人数
求人の数 求人エリア サポート力 口コミ
dodaチャレンジは、あの有名転職支援dodaブランドの障害者向けに特化した支援サービスです。オープンポジションというスタイルで、仕事に労働者を合わせるのではなく、労働者の希望や障害状況に応じて仕事をご提案することで、求人のマッチング率が高いのが特徴です。WEB登録後のカウンセリングは、来社が難しい人にはお電話でのカウンセリングも可能なので非常にありがたいです。
主な求人のジャンル
一般事務、受付、テレオペ、コールセンター、物流、販売、ITエンジニア、デザイナー、プログラマ、SE、DTPオペレーター、Web制作、CAD、品質管理、福祉、通訳、医療系など
まずは求人をみてみたい方はこちら

 

 

症状別の就労移行サポート

サービス名 登録方法・対象地域
   
うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】 WEBからの相談・お問い合わせ
 うつ症状専門のカリキュラム 対象地域:東京都・大阪府

 うつ病をかかえる障害者さんが不安なく、長く働けるようにサポートしてくれる就労支援サービスです。うつ病に特化しているので、精神障害に対して理解のある企業とたくさんコネクションを持っているだけでなく、内定後も、長く働けるようサポートしてくれます。「仕事が長く続かない」「ストレスに弱い」「対人関係に自信がない」などの不安のあるかたもしっかりと支えてくれるのが心強いです。
  
   
統合失調症専門の就労移行支援【リドアーズ】  WEBからの相談・お問い合わせ
  統合失調症の就労をサポート 対象地域:東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県

統合失調症に特化した就業支援サービスです。自立したいけど、まだ働きに出たことがなく一歩が踏み出せないという方、長く働くことができないという方など、順をおってステップアップするお手伝いをしてくれます。職業トレーニングや自分の得意な分野の掘り下げ、症状との向き合い方などもひとつひとつ相談にのってもらいながら、仕事に定着することを支援してくれます。都内在住の方が対象です。

   
発達障害専門の就労移行支援【リンクビー】  WEBからの相談・お問い合わせ
 発達障害の方の就労移行支援 対象地域:東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県

発達障害の方を対象に、専門のカリキュラムで就業をサポートしてくれます。自分に合った仕事がわからない、コミュニケーションに自信がない、働き続けられるか不安、PCのスキルに自信がないなどの困りごとも丁寧にサポートしてくれるので、就職後の定着率も90%と高いです。「自分らしく働きたい」そんなあなたを応援します。

 

トップへ戻る